P/L:リサちゃん

今日のリサちゃんのレッスンは、現状のトレーニングの方法の見直しを中心に行い、日常生活の中で取り組まなければいけない事などについてもレクチャーと実践トレーニングを行いました。

脚側停座の集中や指導手の顔の位置・声掛け・コマンド・誉め言葉など、あらゆる事で、現在の動きを理解していますので、何か1つでも違うと、普段通りにできなくなります。どんな場所でも同じように出来るようにする為には、コマンドを実行している際には必要以上の表現を減らしながら、誉める際の適切な表現力を身につけるようにしていきましょう。

トリーツを使うトレーニングと、ボールを使う場合のトレーニングでは、少し扱い方に違いがありますので、適切な使い方を覚えながらトレーニングに活かしてください。特にボールやオモチャを使う場合は、今までの使い方が単に遊びの為だけでしたのでトレーニングの報酬として使う場合の取り扱い方には、色々なシチュエーションで価値観に違いを見出すようにしていく必要があります。今までのレトリーブのトレーニングでボールのレトリーブが容易になっていますので、コマンドのトレーニングの際にも報酬としてボールの活用を考えてみましょう。

飼い主さんの気持ちの中に「犬に嫌われたくない」というネガティブな感覚があるようですが、「犬に好かれるためには?」を考える方が、ポジティブで多くの選択肢がうまれます。

どんな性格で、何を求めるのか?何に対して強い興味を持つのか?何が苦手で何が得意のなのか?などなど、リサちゃんの性質を見極めて、期待感を引き出せるような対応を考えてみて下さい。要求する事に対して、無条件で応えれば期待感は薄れてゆきます。言葉でいうのは簡単ですが、ワクワクして魅力的な期待感のある飼い主さんを目指す為には、自分の犬の性質を良く知る事から始めてみましょう。今は、どちらかというと手探り状態ですので、トリーツやオモチャも多くのアイテムを用意して、その時々で手を変え品を変えの状況ですので、その状況は選択権がリサちゃんになっています。楽しい遊びの中にも、様々な要素を加える事で単調な遊びではなくなりワクワクする遊びになりますので飼い主さん自らの手で期待感を掴み取りましょう。


関連記事

  1. 第1回 俣野公園愛犬マナー教室

  2. P/L:ウィル君

  3. P/L:ローキーちゃん。

  4. ノーズワークグループレッスン。

  5. P/L:ミクちゃん。

  6. P/L:ライマちゃん。

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. P/L:ウィル君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031