with sarada FIELD Summer School

8月第1回目のwith sarada FIELD Summer School。台風の影響で雨が残っていましたのでインドアでのオビディエンストレーニングとトレーニング理論や個別の課題に対しての取り組み方のレクチャーなどを行いました。また日常の接し方やパターン化しない方法論など具体的な実例を題材にして、どのように対応するのか?をお話しさせて頂きました。午前のクラスに参加されたのは、初参加のクララちゃん・トナ君・モモちゃん&レティーちゃんです。

トレーニングに真剣に向かい合う姿勢は人一倍!本来の能力を100%発揮できるように必勝体制で臨むトナ君です。

屋外のように広い空間を取れないまでも、ポイント強化のトレーニングとしては、充分な空間ですので刺激の少ない中で集中をさせられるかどうか?指導手のメンタルが犬の及ぼす影響なども実際に感じてもらいました。修正箇所の改善は指導手の理解が深まらないとトレーニングとして成立しませんので細かな点を理解した上でシッカリとステップアップを組み立てていきましょう。


午後クラスに参加されたのは、初レッスンの華ちゃんチャバディ君・ウィル君です。オビディエンストレーニングでの課目ごとの改善点や強化ポイントなどを実践をしながら進めてみました。

午後には雨も上がりましたので気温が高くならないうちにランでのコミュニケーションタイムや、呼び戻しの基礎トレーニングなどを行い、プールでのスイミングレッスンも行いました。

少しずつ本来の性質が表面化してきている華ちゃんは、シッカリとコントロールできる飼い主さんのスキルを向上させましょう。ウィル君は、飼い主さんからのアテンションコマンドが多すぎて本来のコマンドと連続的な発声になっていたり、禁止コマンドにもアテンションコマンドが付随している点を改善していきましょう。チャバディ君は、FIELDでは、本来の要求行動が要求吠えとして表れるようになっています。意図的な面があるようですので飼い主さんが明確な対応をしてあげてください。


関連記事

  1. 清水丘公園マナーアップスクール・プレ開催

  2. with sarada 116th Yokohama-School

  3. with sarada 130th Yokohama-School

  4. with sarada 135th Yokohama-School

  5. with sarada 129th Yokohama-School

  6. with sarada 160th Yokohama-School

  7. with sarada 153th Yokohama-School

  8. with sarada 136th Yokohama-School

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031