P/L:マフィン君。

今日のマフィン君のレッスンは、最近の課題に対しての対応について実践トレーニングと飼い主さんの対応についての改善へのレクチャーです。マフイン君自身、とても理解力がありますので現状の飼い主さんの対応が、課題として表れているようですので、飼い主さんが自信を持ってイニシャチブを発揮したお散歩や接し方を考えるようにして下さい。

「ついて」の脚側停座の位置についても、少し修正するだけで正しい位置を理解してきていました。現状の斜めに停座してしまう動きは、飼い主さんのコマンドの理解とコマンドのトレーニング方法で作り出されたポジションですので、飼い主さんの理解とトレーニング方法の改善を行うことでマフイン君の理解もステップアップしていきます。お散歩でのストライキも、マフイン君の意思を尊重しすぎる為に、マフイン君が止まると飼い主さんも止まりますので、益々自己主張が強くなり、飼い主さんをコントロールしようとします。

ご褒美をあまり多用せずに、一緒に歩くことを評価し誉めてあげる事だけでも活き活きとアイコンタクトをして歩けますので、オビディエンストレーニングも取り入れながらマフイン君と楽しむことで現状の課題の改善にもつながる部分があると思います。ただ、一緒に歩く際の飼い主さんの動きを見させて頂いても、無意識にマフイン君の方へ斜行して歩きますので、合わせすぎてしまうとマフイン君は飼い主さんを意識しなくなります。集中させる為には、マフイン君に先読みをされない飼い主さんの工夫が必要です。是非、頑張ってみて下さい。

関連記事

  1. P/L:大豆君。

  2. P/L:ウィル君。

  3. トレーリンググループレッスン

  4. P/L:ライマちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:ブランシュちゃん。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. P/L:スフレちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930