ノーズワークグループレッスン。

今日のノーズワークグループレッスンオープンクラスに参加されたのは、モモちゃん&レティーちゃん・たんぽぽちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃん・プーちゃん&モコちゃん・テン君の5組8頭です。それぞれのレベル別に、バリエーションBOXサーチとオブジェクトサーチを中心に行ないました。

レティーちゃんは、BOX移動のセッションからブラインドのセッションにステップアップできていましたのでバリエーションBOXでは、ハイドの数を1箇所~2箇所に設定しながらセントプールやセントコーンに対しての反応を観察しながらセッションを進めました。今回はオブジェクトサーチの導入段階までのセッションを経験できましたし、セントコーンに対しての反応も非常に分かり易いボディーランゲージで表現できていました。

モモちゃんは、とても意欲的ですが鼻鳴きの状態でスタートをさせてしまうと意欲だけが空回りをしてしまう傾向が強くなりますので冷静なスタートができるようにしていきましょう。臭いの撮り方が直線的な動きで捕らえていますので、今後の経験を重ねる中で、どのように動きが変化をするのか?を観察してみましょう。オブジェクトサーチでは、初見のモノに対しての確認行動が出ていましたが、すぐに適応できていました。残留臭にも敏感に反応していますのでハンドラーの誤告知に注意しましよう。

ブルース君は、ハイバリューの違いなども多少は影響しているようですが全体的な意欲や集中力が維持できていないようです。前回よりもセントコーンに対する反応は見られるようになっていますが、捜索エリアを逸脱してしまう反応は、ハイドへの意欲が高くないことにもつながりますので、ハイバリューの見直しと共にセッションの経験を積めるようにしていきましょう。

モコちゃんは、前回のセッションから時間が空き過ぎていない事もあり、高い意欲が維持できていました。ナチュラルアラートも非常に分かり易いですが、残留臭にも高い反応を見せますのでハンドラーの誤告知につながっているようです。新しいオブジェクトに対しても全く躊躇がありませんし捜索を諦めない強い気持ちは大切な事です。

たんぽぽちゃんは、安定した捜索ができています。今回は屋外の空気の流れを導入しましたので、簡単な設定と難易度の高い設定がハッキリと分かれていましたので、いつもよりも捜索時間を要したセッションもありましたが問題はありません。ハイバリューの設定も合っていますしハンドラーの告知も、誤告知はあるものの以前よりは遥かに安定してきました。

テン君は、いつもの環境とは違う環境でのセッションに取組みました。待機の環境やスタートの意欲など、ハンドラーは様々な対応の違いを与えながら、テン君の動きの変化を観察できたようです。屋外からの空気の流れに左右されてしまう場面がありましが、捜索を諦めることなく最後まで出来ていましたので、今後も検証しながらテン君の能力を引出せるようなノーズワークを探すことが出来るようにしていきましょう。

リンゴスターちゃんは、相変わらず安定した捜索ができていました。捜索エリアの認識もありますし、臭いの流れに対しての理解もできています。屋外からの空気の流れによる難易度の変化にも対処できています。ナチュラルアラートもシッポの動きが以前よりも分かりやすくなっているようです。セッション終了後に、戻りたくない表現をするほど、意欲が高くなってきているようです。

プーちゃんは、以前よりもスタートダッシュのみの勢いだけの捜索ではなく、セントコーンを見つける動きができるようになりつつあります。動きが速い分、ハンドラーの告知が誤告知になりがちですが、ナチュラルアラートを良く観察して告知精度を向上させて下さい。残留臭に対しての反応も敏感ですが、明らかに反応や行動の違いが出てきています。

関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. P/L:凜ちゃん。

  3. トレーリングセミナー。

  4. オビディエンスグループレッスン。

  5. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  6. DRDN捜索基礎訓練会。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. P/L:モコちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930