ノーズワークグループレッスン。

今日のノーズワークグループレッスンは、ノービスクラスからステップアップクラスまでのBOXサーチ・オブジェクトサーチ・インテリアサーチの3つのステージでのそれぞれの設定に対する犬のナチュラルアラートの確認と経験値の積み重ねをして頂きました。参加されたのは、初参加のげんき君(パグルMix8歳♂)・ロック君ベルちゃんたんぽぽちゃんクララちゃんサンゴ君サクラちゃんチーちゃんシュンクンの7組9頭です。

ノービスクラス

げんき君は、過去にもノーズワークの経験はありますが、再度基本的な知識から理解して頂きながら、現状のげんき君のノーズワークに対しての理解度を確認しながら、ステップアップも経験して頂きました。BOXサーチに関しては、最初のセッションではBOXよりもハンドラーや周りへの意識が強く見られましたが、Step1~Step2のBOXサーチを経験してからは、BOXへの意欲もあり躊躇や不安も見られません。今日は、バリエーションBOXの設定の中でハイドを1ヶ所から2ヶ所の設定も経験して頂きBOXサーチのステップアップに関しても問題なくクリアできています。また、その後のオブジェクトとインテリアのステージでも、設定の難易度を上げずにセッションを行い、げんき君の潜在能力の高さやセントコーンへの反応なども観察できたと思います。今後は、げんき君の経験値の積み重ねやナチュラルアラートの確認と共にハンドラーのスキルアップに努めてください。

 

ステップアップクラス

ロック君は、久しぶりのセッションという事もあり、最初のセッションでは環境の確認の時間が必要なようでした。これは、ハンドラーが良く理解しておかなければいけない犬の行動ですので、決して鼻を使っていないわけではないですしノーズワークを忘れているわけではありません。一定の理解が進んだ時点で、いつもの良い動きに切り替わっていましたし、全てのステージでコンスタントに結果を出していました。最後のインテリアサーチでも確実にセントコーンを理解できていましたし、以前よりも動きに落ち着きが見られています。

 

チーちゃんは、一段階成長した姿を見ることができました。以前であれば、かなり周りからの影響を受ける捜索が目立っていましたが、ノーズワークの作業への集中と自信が安定した事で「ON」の状態では、ハイドに対しての集中力が高まりますので動きも以前のような無駄な動きが減少し落ち着いて捜索ができています。BOX・オブジェクト・インテリアの全てのステージで非常に精度の高い捜索と結果が出ていますので今後も期待しています。

 

サンゴ君は、体調を考慮しながらセッションでしたが、14歳半とは思えない意欲的な捜索には驚かされます。以前は、少しアクセスに戸惑っていたようなハイドに対しても非常にポジティブにアクセスできるようになり、捜索の幅も広がっています。ハイド数と難易度が上がった事で最後の1ヵ所のハイドに中々到達できない場面もありましたが、それ以外に関しては、とても効率の良い捜索でした。壁際の上からのセントコーンに対しての反応も理解できるようになっていますのでアクティブシニアの成長を今後も楽しみにしています。

 

たんぽぽちゃんは、ここ最近のセッションでは、新しいハイドへの経験値を積んでいるセッションが多くなっていますが確実に、その経験を活かせるようになってきています。体高が低い分、鼻の高さ以下のハイドの設定では、セントコーンへの反応も非常に素早く到達までの動きが分り易くなっています。ナチュラルアラートは、ハンドラーが良く観察できていますので、今後ハイドの量が少なくなった時点でのアラートも読み取れるように現在のナチュラルアラートを明確なものにしていくようにして下さい。上からのセントコーンに対してもインテリアサーチでは、反応できていましたので、また楽しみながらステップアップしていきましょう。

 

サクラちゃんのノーズワークへの意欲は、とても高く12歳とは思えないほどです。少し椅子の上などへのハイドの予測が強いようでしたので、同じようなハイド設定はせずに本来持っているサクラちゃんのセントコーンへの反応を更に明確にできるようにしましたので床方向へのセンティングも強くなっていました。壁に設定されたハイドについては、中々難易度が高い為に苦労しましたが、経験値の積み重ねですので次のセッションに活かされるようにしていきましょう。インテリアサーチでは、純粋なセントコーンへの反応がとても良く分りました。ナチュラルアラートの確認は、今後もハンドラーのスキルアップを進めて下さい。

 

クララちゃんは、ノーズワークを充分に楽しめるようになっていますし、難易度の高いハイドに対してのアクセスと理解力も高くなっています。全体的な捜索範囲も理解できていますので捜索をしていないエリアを理解して移動できているようです。スタート時の意欲が高すぎる為に捜索の最初の時間が少し空回りをしていますので落ち着いて捜索がスターとできるようになると更に良い捜索につながります。全てのステージで非常に高いレベルでの結果につながっていますので、ハンドラースキルも含めてステップアップしていきましょう。

 

ベルちゃんも、ロック君と同様に久しぶりにセッションでしたので最初のBOXサーチでは確認時間が必要でしたが、ロック君ほどの時間はかかりませんでした。これは性質の違いなどもありますし環境への適応能力や経験値の差にもなります。ハイドへのアクセスに関しては問題なくセントコーンへの反応も分りやすく表現できています。ただ、スタート時から最後まで、ベルちゃんの尻尾は常にハッピーテールでポジティブな動きをしますのでハンドラーのナチュラルアラートを確認するには、非常に難しいタイプです。しかし、セントコーンへの反応は、とてもシンプルですし分り易いですから、まずはセントコーンへの反応を観察できるようにしてみて下さい。

 

シュンクンは、セントコーンを掴む為に首の左右の振り幅が大きくなることでエアコンの対流でズレるセントコーンに対して少し戸惑う為に時間のロスにつながる場面も見られました。これも、エアセントの意識がメインで捜索をしていますので最初のアプローチから手掛かりが少なくなると鼻の位置が下へ向かうようになり、床方向からのセントコーンへの捜索に切り替わります。このように下と鼻の高さとそれよりも上の3つの層を瞬間的に切り換えながら臭いを捕っている動きが良く分りますので、動きが激しすぎると自分の動きでセントコーンを散らす場合があります。とはいえ、全てのステージでトップクラスのタイムは、経験値と理解が安定しています。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. プライベートレッスン:ローキーちゃん。

  2. P/L:スフレちゃん。

  3. P/L:ぼたんちゃん。

  4. P/L:ぼたんちゃん。

  5. JKC東京ブロック訓練競技会。

  6. P/L:ローキーちゃん。

  7. ノーズワークグループレッスン ―Open Class― 。

  8. P/L:ブルース君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031