ノーズワークグループレッスン。

今日のノーズワークグループレッスンは、フードステージのビギナークラスからアロマステージのインドアサーチまで様々なクラスのペアが参加して頂きました。ビギナークラスの参加されたのは、かりんちゃん(柴犬1歳5ヶ月♀)・ヤムちゃん(Mix5歳♀)・風花ちゃん(甲斐犬9歳♀)・華瑠美ちゃん(甲斐犬8歳9ヶ月♀)・ノービスクラスに参加されたのは、あずみちゃんビクター君・ステップアップクラスに参加されたのは、モコちゃんプーちゃんアラン君スミレちゃん・アロマステージのインドアクラスに参加されたのは、琥珀ちゃん茜ちゃんの12頭です。

ビギナークラス

ビギナークラスに参加されたペアは、テキストを使ったレクチャーからスタートし基本的なノーズワークについての基礎知識を理解して頂きながらそれぞれのペアに合わせた環境設定の中で進めさせて頂きました。

かりんちゃんは、環境に対しての不安感が当初より強く、BOXや床に敷かれたシートに対しても違和感を表現していました。最初のセッションでは、まずはハイバリュートリーツの確認と環境に対しての不安感を無くすための時間として、かりんちゃんが自信を持ってBOXのハイバリュートリーツに進めるように2回目のセッションへの組み立てを考えました。性質的には、人にも犬にも友好性が高い為に、経験を積む事で、すぐに成長が見られるタイプですので、余計に最初のスタートが、とても重要になります。3回目のセッションでは、大きなBOXが並ぶ環境でもFood BOXを嗅覚を使って探す事ができるようになりましたので次回以降が本当に楽しみです。

 

ヤムちゃんは、最初から意欲的でBOXに対しての躊躇や不安感は見せませんでした。Food BOXに到達してからのナチュラルアラートもシッポが綺麗に下がる表現力を見せていましたのでハンドラーとしても非常に分り易いと思います。しかし、BOXの数を増やしたりBOXの深さや形状を変えたことで、Food BOX以外のBOXを捜索中にも、少しだけシッポの変化が見られるようになっていましたので、今後の経験値の積み重ねで更に安定感が出てくると思われます。またハンドラーである飼い主さんのヤムちゃんをスタートさせるタイミングも、今後の経験で集中をさせてからスタートをさせるタイミングを体感で覚えるようにしていきましょう。Step1~Step3までのステップアップは、とてもスムーズでした。

 

風花ちゃんは、BOXに対しての意識は最初のセッションから見られるようになりました。少しトレーナーを追いかける時間はありましたがStep1~Step6までのステップアップは、以前から様々な経験を積んでいる経緯から全く問題なく躊躇や不安感を見せずに意欲的な捜索ができていました。セントコーンへの反応も非常に明確ですが、まだナチュラルアラートの表現がハンドラー側からは観察しずらいボディーランゲージですのでセッション回数を増やしながらハンドラーの観察力も高めていきましょう。Step5のBOXの上の設定も全く問題ありませんしStep6の壁際の立てられたBOXに対しての意欲も非常に強く今後が楽しみです。

 

華瑠美ちゃんは、最初のセッションからトレーナーに対しての意識や拾い食いの禁止トレーニングの経緯などもありFood BOXに対しての素直なアプローチが見られず、少し疑心暗鬼のような動きでした。決してBOXやバリエーションに対しての不安感や躊躇ではなく、単に素直にハイバリュートリーツに対してのアクセスをしていないだけのようです。後半のセッションでは、上手にセントコーンへの反応も見られていましたし、シッポが下がるナチュラルアラートも見られるようになりました。以前、救助犬のトレーニング経験がある為にハンドラーのスタートのコマンドである「探せ」が人を探す事と、今回のフードを探す事が混乱しているようですので次回以降は、コマンドを変更して楽しめるようにしましょう。

 

ノービスクラス

ノービスクラスに参加されたペアは、環境の変化やBOXのバリエーションとオブジェクトと複数のハイド設定の経験をして頂きました。

あずみちゃんは、ビーグルらしい臭いの捕り方や反応が、とても分りやすいのですがハイド数が2箇所に増えたことで切っ掛が無くなると捜索範囲を逸脱してしまう動きが見られましたので、次回以降は、再度ハイド数を1ヶ所にしながら安定した捜索意欲を確立していきましょう。新しいハイドの設定に関しては、理解度も高く躊躇もありませんし、オブジェクトなどの初見のモノに対しても拒否反応や不安感も無いようです。ハンドラーの、スキルアップを考えた場合、もう少しあずみちゃんの視線や鼻の動き・前へ出ようとする意欲を感じながらスタートをさせられるようにすることと、セッション終了後の誉めが、ちゃんと伝わっていないようですので、日頃の生活の中から構築する点は、再確認してみて下さい。

 

ビクター君は、前回のセッションで環境に対しての不安感を見せる場面がありましたので、今回は全く違う環境からセッションへの意欲の低下を心配しましたが、まったく問題なくステップアップできていました。BOXの数・バリエーション・ハイド数の変化・オブジェクトの導入に対しても躊躇がありませんでした。スタートの際の意欲をハンドラーが、もう少し感じながら、あまり多くの声掛けをせずに体感でビクター君の意欲を感じれるようになると更に良い捜索につながります。セントコーンへの反応も大型犬ならではの分り易い鼻の動きをしますし、上への意識と下への意識の切り替えもできています。全体的な捜索速度は、ゆったりですが無駄な動きがなく効率的な捜索ができていますので今後も楽しんでいきましょう。

 

ステップアップクラス

ステップアップクラスは、BOXサーチからインテリアを含んだオブジェクトサーチまでの環境設定でハイド数を3箇所までで行いました。

モコちゃんのスタートの勢いは、良いのですが実際に鼻を使うまでの時間が非常にもったいない時間になっています。シニアであることを考えると、この意欲は大切ですが、もう少し効率良く捜索できるようにするために、スタートの近くにハイドを設定するなどし、スタート時に鼻を使えるようにすることも重要なセッションです。小型犬ですので対流で流れる上からのセントコーンに対しては、充分な臭いの濃さが出てこないと中々反応できないようです。ハイドの設定を複数にすると、難易度の高いハイドの見落としや意欲の低下から未発見が多くなっていますので、次回以降は、設定を考慮したセッションを楽しんでいきましょう。

 

プーちゃんもスタートの勢いは同じような動きになります。セントコーンも、その設定によっては小型犬では難易度が上がってしまう対流の変化が時間の経過を生んでしまいます。意欲の維持は出来ていますので、もう少し冷静な捜索ができるようになると、捜索時間の短縮も可能だと思います。コンペでは、ハンドラーの緊張感が高すぎてしまい、誤告知や未発見が多くなりますが、セッションではハンドラーの気持ちに余裕がありますのでナチュラルアラートの観察力も的確ですし、告知も正しく行われています。

 

アラン君は、久しぶりのノーズワークという事もあり待機の段階から少し興奮気味でした。スタート時やセッション終了時の切り換えも、まだ経験値が少ない事もありますが少しずつスムーズに動けるようにしていきましょう。これは、ハンドラーの誘導の仕方などによっても違いますのでハンドラースキルとして身につけましょう。セントコーンへの反応に関して、対流とアラン君自身の動きの激しさで難易度が上がってしまっている場面が多く見られました。ハイバリュートリーツへの意欲も高く集中力も高くなっていますので、出来れば今後もセッションの経験を積みながら冷静で効率の良い捜索を目指しましょう。全体的な動きは、ゴールデンらしい臭いの捕り方ができています。

 

すみれちゃんは、スタート時のバタつきも減少し集中力に切り替わってきたようです。その分、捜索自体の効率も良くなり今までの経験値の高まりからハイドへのアプローチにも無駄がなくなりました。上への意識は、チャレンジハイの高さに対しても上から落ちてくるセントコーンへのスムーズに反応しハイドを特定できるようになりましたので、精神的な成長がノーズワーク全体の動きに表われてきています。

 

アロマステージ

今回のアロマステージはインドアのインテリア設定でハイドは1ヶ所だけにし、設定場所をブラインドで変更しながらセッションを進めました。

琥珀ちゃんは、以前よりも作業に対しての集中力が高くなり上手に鼻を使えるようになっていました。告知動作のスクラッチもピンポイントで表現できています。対流によるセントコーンへの変化に対応できていましたので、ハンドラーとの距離間や告知後のハイドの場所でのとどまり方などを修正していきましょう。告知動作は、スクラッチできる高さであればOKですが、高くなるとお座りの姿勢になります。この時に、ハンドラーが最後に琥珀ちゃんが鼻を着けたポイントをハイドであると確信がもてるようにピンポイントのトレーニングも進めて下さい。

 

茜ちゃんは、相変わらず高い意欲を持っていますが、ハンドラーがコマンドを多用しすぎる事で、ハイドへの意欲よりもハンドラーからのコマンドを待つ姿勢の方が強くなってしまい、バランスが少し偏っているようです。捜索意欲が高まると非常に良い動きで捜索できますし告知動作の伏せも安定して表現できます。上からのセントコーンに対してもビーグルらしい素早い動きで反応できています。今後は、琥珀ちゃん同様に、ハイドの場所を伏せをした、大まかな場所ではなくピンポイントで「ココ」とハンドラーが告知できるような精度を高めるようにして下さい。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. DRDN捜索基礎訓練会。

  2. ー お知らせ ー

  3. P/L:トナ君。

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. P/L:マル君。

  6. P/L:ローキーちゃん。

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. P/L:ソラ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031