ノーズワークグループレッスン。

今日のノーズワークグループレッスン・トレーナークラスに参加されたのは、イヴ君・ローキーちゃん・カイル君・スミレちゃん・グート君・あんなんちゃん&てん君の6組7頭です。
先日のコンペの反省点などを検証した後に、基本となるBOXサーチの設定を室内の空気の対流などを参考にして難易度の変化をもたらせるようにしながら、それぞれのペアに対してのハイドの設定などのレッスンを行いました。またオブジェクトサーチとインテリアサーチに関してもハンドラーのスキルアップと犬の意欲向上の為の設定などを考えながら進めました。

イヴ君は、前回のレッスンが初めてのノーズワークでした。当初は、セッションが終わっても捕まらなかったり…などの課題もありましたが、前回の最後のレッスンでの印象がとても充実していた事もあり、今回のセッションでは大きなステップアップができるようになりました。BOXの深さや大きさに対しても意欲的に捜索ができていましたし、何よりもスタート時のスピード感は、チワワならではの動きです。しかし、勢いだけではなくセントコーンへの純粋な反応ができますのでオブジェクトサーチのセッションまでのステップアップとハイドの複数個所の捜索ができていました。また次回、イヴ君の成長を楽しみにしています。

 

あんなんちゃんは、前回のセッションでも意欲の再強化トレーニングをしましたが、今回も楽しく終われるように、あえてハイドの量を多くして達成感をもたらせながらセッションを進めました。後半のオブジェクトやインテリアでは、苦戦する場面も見られましたが、大きな集中力の低下もなく諦めずに探す事もできています。ナチュラルアラートも、以前の不調なときよりもハッキリと読めますのでハンドラーの誤告知は観察力の強化で補うようにして下さい。対流に対してのハイドの設定なども普段から考えているようですので、環境の変化などにも工夫を凝らせるように柔軟に犬が楽しめるように考えてみて下さい。

 

ローキーちゃんは、コンペの時のような緊張感がないので、非常にノビノビとした捜索ができていました。セントコーンに対するラウンドの動きも上手ですし反応も鋭く正確です。まだ苦手な設定がありますが、強い拒否反応や強い躊躇の反応ではありませんので良い経験値を積み重ねながらステップアップしていきましょう。ハンドラーの告知も、ローキーちゃんを良く観察できていますので大きな問題はありません。ただ、今後ハイドの量が小さくなると現在のスピード感で捜索をした場合は、読み取れない場合も出てくるかもしれませんので更に観察力の強化をしていきましょう。

 

前回のコンペでは、山あり谷ありでしたがハンドラーの冷静な分析で何が悪かったのか?や、ルーティーンの気づきなどもあり、今後のノーズワークにも活かされてくると思います。ハンドラーから顔の部分が見えないハイドでグート君が何らかの微妙な反応をした場合の見極めが、まだ少し不安定です。ナチュラルアラートとしてのシッポ以外のボディーランゲージの発見も今後進めてみて下さい。足の動きや耳の傾きなども1つの表現です。各クラスのセッションでは、持ち前のスピード感でクリアできています。チャレンジハイの高さにも対応できる能力もありますので、また楽しみながらステップアップしていきましょう。

 

先日のコンペでも、今回のセッションでもてん君のメンタルの成長には本当に驚かされます。以前は、スタートさえ切るのが大変で、スタートしてもフリーズしたりと非常に難しいタイプでしたが、目的意識や意欲が安定してきた事で全てにおいての自信につながりハイドの設定の難易度が上がっても諦めることなく確実に捜索できるようになっています。ハンドラーのスタートの際の注意点の改善を進めると現状よりも更に良い捜索が可能になりますので取り組んで下さい。各クラスの設定においての躊躇は感じられませんし、ハイバリュートリーツの選択もとても良い結果に結びついた要因の1つだと思います。

 

カイル君は、最初の頃よりも全体的に捜索スピードが低下していましたので強化トレーニングをコンペ前にも行い、今回のセッションでも行った事で捜索の動きに少しずつ良い方向への変化が見られるようになってきています。ハンドラー泣かせのナチュラルアラートの表現が難しいカイル君ですが今日の設定でも口の動きを見なければ告知ができない状態が続いていますので、ハイドのセントコーンに対しての純粋な反応が、今以上に明確且つ正確な反応が出るように強化する事でナチュラルアラートの発見にもつながります。ただ、集中力は全体的に強化されていますので、ハイバリュートリーツの再確認をして臨んでみてください。

 

非常に意欲的なスミレちゃんですので、スタート時の集中のさせ方に、もう一段階の工夫をして下さい。最初の頃のスミレちゃんに引きずられながらのスタートから現在の一旦静止させてからのスタートに改善していますが、更にスタート時の冷静さを維持できるようなスタートを確立させて下さい。捜索自体のスピード感や精度は非常に高いものをもっています。ただ、唯一、苦手なセットがありますので無理をさせないように自信をつけさせるセッションを考えてみて下さい。この自信が低下した時に、捜索意欲も低下してオブジェクトなどのクラスの場合は、ハイドではなくオブジェクトそのものが誘惑となる場合があります。告知に関しては、大きな問題はありません。

 


 

 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. P/L:ブルース君。

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:モコちゃん。

  4. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  5. P/L:まる君。

  6. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. P/L:凜ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930