ノーズワークグループレッスン。

今日のノーズワークグループレッスンは、コンペ形式の設定を行いタイム計測をしてハンドラーのスキルアップや犬たちのステップアップなどのセッションを行いました。参加されたのは午前中のセッションに、たんぽぽちゃん・クララちゃん・サンゴ君・サクラちゃん・ライズ君&茜ちゃん・チーちゃん&シュンクン、午後からのセッションには、カイル君・ローキーちゃん・モコちゃん&プーちゃんの9組12頭です。

たんぽぽちゃんは、前回のセッション内でのステップアップも早く進みましたが、今回のレッスンでのステップアップも、BOX以外のオブジェクトやインテリアへの挑戦ができました。オブジェクトまでは、目標物が明確ですので捜索もしやすかったのですが、インテリアクラスになると、経験不足もあり中々到達できませんでしたが、とても高い集中力の維持ができていました。自立心も強く意欲も高いですから、経験を積み重ねながらステップアックしていきましょう。

クララちゃんの捜索意欲の高さは天性のもののようです。ハンドラーのスタートのさせ方に、今後もう少し工夫ができるとスムーズな捜索ができてくると思います。捜索中の尻尾の振り方と到達の際の尻尾が止まるナチュラルアラートも非常に分り易いですし、ハンドラーも観察力が高まってきたようです。前半までは、セッション終了時に、中々捕まりませんでしたが、後半は理解が深まりハンドラーとの距離間も縮まってきたようです。

サンゴ君は、前半のハイバリュートリーツよりも後半のハイバリュートリーツの方がマッチしているようです。今回のように動き方や反応が弱い場合は、何種類かのハイバリュートリーツを用意しておいて選択するのも大切な事です。BOXからインテリアまでコンスタントに探す事ができていましたし、後半のセッションの方が良い捜索でした。経験値を増やして本来の潜在能力を引き出してあげましょう。

今回は、周りにあるテーブルや椅子が気になりすぎて、本来のサクラちゃんの能力を100%発揮できずに残念でした。しかし、探していないわけではなく思い込みの中での行動ですので、シッカリ鼻を使い出すと実力を発揮してくれます。後半のインテリアでは、ようやく目的のテーブルと椅子の捜索ができて満足だったようです。今回は以前までとは違うハイバリュートリーツを使用してみましたが、前回までのと同じ方が合っているようです。

久しぶりだからこそ、集中力や意欲が非常にバランスがとれている捜索ができていました。ハンドラーの告知も自信がついてきていましたし、ライズ君との信頼関係もできてきています。スタートの際のハンドラーの出し方も以前よりも上手になってきています。それでも最初のセッションでは、スタート直後は勢いだけで動いている傾向が見られ鼻を使うまでに少し時間がかかりますので、今後の修正ポイントとして取り組んでみて下さい。

茜ちゃんも少し時間が空いた事で、ノーズワークに対しての意欲のリセットができたようです。以前までは、臭いが捕れているのにスルーしてしまう傾向がみられた時期がありましたが、今日のセッションでは、対流で作られるセントコーンへの反応も分り易く、タイムも非常に速いタイムを出していました。インテリアでも難易度の高い設定も根気強く捜索できていました。

BOXやオブジェクトのクラスでは、設定の難易度を上げていかないとチーちゃんには、簡単に到達できてしまうようです。やはり、これは経験値が高い事や鼻の使い方がとても冷静で効率よく使われている事と捜索範囲を理解していますので以前のようにテーブルのバリケードからも離脱せずに、決められた捜索範囲での捜索ができています。ナチュラルアラートも分り易いのですが、あまりにも速すぎてハンドラーが見落とす場面も見られました。

スタート時からの集中と臭いを捕っている様子は、非常に理想的です。ハンドラーとの息もピッタリですのでストレスなく捜索ができています。インテリアでは、非常に難易度を上げましたがシュンクンの中の捜索範囲が広いので今日のセッションの設定では、それほど難しくはないようです。安定感のある理想的な捜索でした。

以前よりもスタート時のストレスを軽減させることができていますので勢いで動く時間が少なくなっているようです。シニアで、この体高のわりには非常にパワフルに動くことができています。時々、ハンドラーが早合点をして自分の予測だけで告知する場合がありますので、もう少し犬を信じて分りやすいナチュラルアラートを持っているのですから観察力を高めて告知できるようにして下さい。

全体的に意欲を前面に出すタイプではありませんが、スタート時のカイル君の気持ちがもう少し出てくるように意欲の強化も必要なようです。シッポの動きで、どの段階でスイッチが入ったのか?が分り易いですのでスタート時にスイッチが入るようにしていきましょう。最初のセッションよりも後半のセッションの方が活き活きと動けていました。オブジェクトなどの新しいモノに対しては、確認をする動きが出る為にタイムロスになりますので経験値を高めましょう。

相変わらず、捜索スピードはトップクラスです。ローキーちゃんの場合は、捜索エリアをくまなく動ける能力がありますので、その動きの中でセントコーンのコンタクトができるようになっています。またその際の非常に俊敏な反応はハンドラーにも分り易いですし、周りで見ている人にも分り易い反応です。オブストラクターも無視ができるようになっていますので、コンペが楽しみです。

モコちゃん同様にスタート時のストレスが軽減されていますが、まだ勢いで動いている時間が長いので本来の能力がタイムに反映されません。集中力も高くなっていますのでスピード感も高まり、ハンドラーが告知を見落としてしまう事も良く見られます。全てのクラスで経験がありますので、無駄な動きをなくせるようにしていきましょう。小型犬ではありますが、上への意識も高く落ちてくるセントプールの臭いの捕り方も上手になってきました。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. P/L:マー君&ゲイリー君。

  2. P/L:マー君&ゲイリー君。

  3. P/L:凛ちゃん。

  4. P/L:ゲイリー君&マー君。

  5. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン。

  8. P/L:ゲイリー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031