ノーズワークグループレッスン ーTrainer Class-

今日のノーズワークグループレッスンはオープンクラスとトレーナークラスを開催しました。
参加されたのは、ステップアップではオープンクラスにローキーちゃん、トレーナークラスには晴れちゃん・ぶんた君・グート君の4組4頭です。前半は、教材用の動画を参考にして、初参加のペアの導入の方法や犬の性質別のステップアップの考え方などを見て頂き、セッションは、オープンクラスのローキーちゃんも含めてレベルに合わせて行い、セントコーンへの反応を読み取るセッションとレベル別の設定の仕方や考え方などを実際に組み立てながら進めてみました。

ローキーちゃんは、セントコーンへの反応も非常に素早く分り易い分、ハンドラーが読みきれない事も多々あります。また意欲が強すぎてしまいスタート時にバタついてしまう状態で捜索を開始すると良い結果には繋がりませんのでスタートの時点から集中をさせて嗅覚のスイッチを入れることバタつきも無くなり効率よく短時間にハイドに到達できるようになります。意欲と集中力を延ばす為に、短いセッションで徐々に向上させていきましょう。

晴れちゃんは、セントコーンへの反応は、とても素直ですし鼻の位置が下へ下がる動きは、とても分り易いボディーランゲージです。BOXサーチは前回のセッションから少し時間が空きましたのでビギナーのステップでフードBOXへの意欲の確認などをしながらオープンBOXサーチのステップアップへ移行しました。最初のセッションでは、少し周りの環境への意識が強くBOXに集中できていませんでしたが、2回目以降のセッションでは、スタートのさせ方なども改善してもらい、とてもスムーズな捜索ができていました。アウトBOXの設定もクリアできていましたし、一部のオブジェクトサーチまでステップアップできましたので、また次回も楽しく進めていきましょう。

ぶんた君は、以前よりも環境から受ける影響が減少しています。セントコーンへのチェックもゆっくりですが的確です。ただ、一度経験したハイドの記憶へのアクセスが必ず出てきますので、スタートからシッカリと鼻を使わせるようにしていきましょう。しかし、ハイドの設定の難易度が上がっても、諦めることなく捜索意欲が安定している事と、セントプールへの反応とハイドへの特定作業に高い信頼感が出てきています。これはハンドラーとしても、とても精度の高い捜索への1歩ですので大切に確立させていきましょう。

グート君のセントコーンへの反応は、いつものスピード感で確実に捉えられています。方向性や過去の記憶による動きなども見られますが、セントコーンが無ければ反応はしませんのでハンドラーのスキルを向上させて、反応した動きと、そうではない動きの判断を確立させましょう。今までのナチュラルアラートの動きの数秒前に表現されるセントコーンに対する反応は、素早い動きの中にも必す表れています。BOXサーチのステップアップは、個体の性質を見極めながら慎重且つ大胆に楽しみながらステップアップできるように考えてみて下さい。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  2. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  3. P/L:ブルース君。

  4. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  5. P/L:ぽんず君。

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. P/L:ブルース君。

  8. P/L:マー君&ゲイリー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728