ノーズワークグループレッスン。ー Open Class ー

今日のノーズワークグループレッスンーOpen Classーに参加されたのは、空ちゃん&ウークちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃん・にこちゃんの3組5頭です。インテリアサーチを中心にそれぞれのペアのナチュラルアラートやセントコーンへの反応を動画で振り返り質疑応答をしながらのセッションを行いました。


ブルース君は、とても意欲的なスタートをしていますが、捜索のスイッチというよりも高いテンションでスタートをしている状態ですのでスタートの際の鼻の動きや顔の向きなどを確認しながら送り出すようにしてみて下さい。テンションの高さだけではなく冷静さが必要だといういうことは、セッションの中で理解させられるように進めていきましょう。ハンドラーがブルース君のセントコーンへの反応やナチュラルアラートのボディーランゲージを読めるようになってきていますが、判断が難しい場合は、セントコーンへの反応をシッカリと見極めてから告知するようにしていきましょう。


空ちゃんは、何度かセッションをしている環境でも新たな設定に対しての馴致に少し時間が必要なようです。しかし、極端なストレスサインもなく意欲的に捜索が出来ていた事は内面の成長を物語っています。元々、セントコーンへの反応速度が非常に速い傾向がありますので、環境に馴れるまでの慎重な動きと馴れてしまってからの素早い動きには極端な差がありますのでハンドラーは、スピードについていけなくなります。2セッション以降の動きが、本来の空ちゃんの動きですし、ナチュラルアラートもハッキリと読めていますので、ノーズワークを通して環境への適応能力を高められるように進めていきましょう。


1回目のセッションは、まだ捜索へのスイッチが入らず、動きが緩慢でしたが捜索のスイッチはシッポの巻きが目印となり、本来のにこちゃんらしい淡々とした正確な捜索作業ができるようになっていました。複数のハイドの設定では、対流の流れが逆になり到達しづらいせっていになっていましたが、経験値の高さから難なくクリアできていました。捜索エリア全体への認識もそうですが、臭いの流れに対しては、非常に素直に反応し動いていますので、ハンドラーはにこちゃんの動きを、今よりも冷静に観察しセントコーンを読めるようにしていきましょう。


リンゴスターちゃんのセントコーンへのエアセントは、とても正確になってきています。捜索範囲以外に対しての鼻の使う仕草は、臭いの全体的な流れを追いかけているからこその動きです。高さのあるハイドの設定においても落ちてくる臭いを捕らえてからセントコーンに沿って鼻を動かす動作は、とても理想的です。一部、対流が逆になり、発見できなかったハイドもありましたが集中力が落ちる事無く捜索ができていました。室内の隅にあるセントプール(臭いの溜まり)にも正しく反応できていましたので次回もステップアップしながら楽しみましょう。


ウークちゃんは、前回よりも非常に積極的で尚且つ正確に動く事ができていました。セントコーンへの反応も、とても分かり易いですしナチュラルアラートも明確に出ていますが、スピードが伴うとハンドラーからは確認するのが難しい設定もありました。また、ハンドラーの予測でハイドの設定を考えてしまうと、本来のウークちゃんのセントコーンへの反応が見極められなくなりますので、ハイドの数や、設定の仕方を考えるのではなく、ウークちゃんのシッポの動きと顔の動き、耳の動きなどを観察する方が告知に誤りがなくなりますので、また次回のレッスンの課題にしてみて下さい。


次回のノーズワークグループレッスンーOpen Classーは、10月17日(火)です。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:ローキーちゃん

  3. P/L:ライス君。

  4. オビディエンスグループレッスン。

  5. P/L:ゲイリー君&マー君。

  6. ノーズワークグループレッスン ー Open Class -

  7. with sarada Lodging training in MON…

  8. オビディエンスグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031