P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

今日のもぐろふくぞう君&ケンタウロス君のレッスンは、前回までのレッスンの復習と改善されてきた反応の確認や今後の強化トレーニングを行う上での実践方法などです。
一番の課題であったチャイムや訪問者に対する吠えについては、飼い主さんのコマンドを出すタイミングが事前反応で出せるようになってきていますので吠える前に2頭を冷静なメンタルの状況におけていますので、以前のような飼い主さんの声掛けを無視した吠えには発展していません。
この改善は、今までは言葉で伝えようとしていた飼い主さんが、コマンドを音としてシンプルに結果と関連付けた事により2頭に伝わりやすくなった事と、成功した時にも表現力豊かに誉めて正しい方向性に導けるようになった為です。同じようにお散歩でも、今まですれ違う犬に対して吠えていた行動が、極端に減少したようですので、今後も正しい行動が出来た時には誉める事を忘れずに安定したコマンドの実行性を構築して下さい。
もぐろふくぞう君は、成長段階ですので社会化を促進しながら新しいコマンドや遊びにもチャレンジして能力を更に伸ばせるようにしてください。
「お座り」も少しずつ理解してきていますので、どのような環境下でも「お座り」が1度のコマンドで実行できるように日頃の生活の中からステップアップしてみましょう。
「伏せ」は、まだ少し難易度が高いですので「お座り」を完成させてからチャレンジして下さい。平行して、ハンドシグナルも同時に教えていきましょう。「伏せ」までがクリアできたら「おいで」と「待て」を正しく教えていくようにして下さい。
ケンタウロス君は、過去の経験やトラウマから特に、初めての第三者に対しての恐怖心や不信感は反射的に逃避行動として表れます。室内であれば大きな問題はありませんが屋外では、事故につながりますので、内面の成長を促進できるようなメンタル改善の為の根気強いトレーニイングが不可欠です。
無理のないように第三者から報酬をもらえるような設定を経験させていきましょう。その際の注意点は、トリーツを食べれればトレーニングを進める事ができますが拒否した場合は、無理に進めないようにしてください。食べ方も強く食べる場合は、一生懸命頑張っている証拠ですので、リラックスして食べれるようになる事を目標に進めましょう。
最初のステップは、室内で訪問者からトリーツをもらえるようにする事から始めてみて下さい。

関連記事

  1. プライベートレッスン:ローキーちゃん。

  2. P/L:ムッシュ君。

  3. P/L:ゲイリー君&マー君。

  4. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. 緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練

  7. オビディエンス・グループレッスン。

  8. P/L:空ちゃん&ウークちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930